ご案内

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)福寿荘のご案内

福寿荘は、お元気な方から医療ニーズの高い方まで、それぞれのご希望や状態に合わせたケアを行う介護老人福祉施設です。

介護老人福祉施設とは、介護が常時必要で、種々の事情によって身寄りの方からのお世話が受けられないお年寄り(65歳以上)のための生活施設です。 当ホームでは、これからの「介護保険施設」にふさわしく、先進的な福祉サービスの提供を常に心がけ、入所サービスやショートステイサービス、デイサービス、ホームヘルプサービス、相談事業等、幅広く実践しています。

  • 当ホームには、介護保険が適用されています。
  • 華頂会グループとして、その他併設とも常に連携・協力を図っています。
ご利用者様のために行っていること

1.家庭的な雰囲気の中で、できる限りの健康と安らぎに配慮

2.お一人ずつの状態に合わせたより専門的な介護やリハビリテーションを実施

3.生きがいを高めるレクリエーションや季節感あふれる行事を工夫

4.認知症の方には、より献身的お世話(対応・援助)を心がけ

5.いつでも必要な医療を受けていただくために、協力病院があります

6.地域の方にも、ご相談に応じたり、広く施設を利用していただけます

福寿荘のビジョン
「ご利用者、ご家族」「職場環境」「地域」の三者の高い満足度を実現させる

社会福祉法人 華頂会 法人理念・基本方針

法人理念
高齢者に対する社会福祉事業を包括的に展開する社会福祉法人華頂会は
地域の人々に安心で快適な暮らしを多角的に支援します。

基本方針

利用者と人権を尊重します。
利用者の人権を擁護し、絶えず利用者の求めを的確に判断して、利用者中心のサービス提供に努めます。
地域の高齢福祉の拠点としての施設を目指します。
地域の人々から愛され、地域と共に発展する福祉拠点として、グループ全体で地域福祉を推進していきます。
人材育成を行います。
社会福祉専門学校での専門職を目指す方々への教育のみならず、グループ内で働く職員全員全てが利用者の皆様に満足していただけるサービスを常に提供できるよう、日々賢研鑽を重ねます。
法令を遵守する施設づくりを目指します。
社会福祉法人は公共の利益を目的とした法人です。
私たちは法令を正しく守り、情報公開や説明責任を果たします。

ごあいさつ

理事長ごあいさつ

社会福祉法人華頂会 特別養護老人ホーム福寿荘は、1971年に琵琶湖瀬田湖畔に地域の高齢者の終の住みかと成るべく建設された130床の多床室タイプの施設です。

施設内には5床のショートステイと定員18名の地域密着型のデイサービスを併設しています。又、法人内には比較的要介護度の低い方々の住まいとなるグループホームが2施設(グループホームはるか・せいか)、介護人材を育成する華頂社会福祉専門学校及び、大津市の委託事業で地域の介護福祉の相談窓口と成る瀬田第二地域包括支援センターを擁しております。グループ法人として、医療法人華頂会があり、老人ホームと隣接する琵琶湖養育院病院では、福寿荘の御利用者様の健康の変化に素早く対応出来るよう、昼夜を問わず努めております。

我々は50年以上の長い老人介護福祉事業の歴史に培われた確かな技術を持ち、さらに御利用者様がより健やかに過ごして頂ける様な新しいスキルの習得を目指して日々の研鑚を積み重ねております。
これからも、御利用者の皆様が笑顔で過ごして頂ける様、より一層の努力をして参る所存であります。

社会福祉法人 華頂会
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
福寿荘
理事長 加藤英材

施設長ごあいさつ

日頃より特別養護老人ホーム福寿荘の運営にあたり、ご利用者の皆様をはじめ、ご家族、及び地域の皆様方のご支援、ご協力を賜り、心より感謝を申し上げます。この度、三笠施設長の退任及び華頂会の顧問への就任に伴い、令和2年4月1日より施設長に就任いたしました早瀬 司(はやせ つかさ)と申します。

令和2年、新型コロナウィルスの感染拡大により、当施設としましても感染源を持ち込まないための取り組みとして、面会制限や各種委託業者の出入り制限を行い、職員の感染予防対策はもちろんのこと、最大限の努力をしています。この間、ご利用者の皆様とご家族の皆様には、ご不便とご迷惑をおかけしています。また、医療現場と同様に介護の現場も感染リスクがあるにも関わらず、以前と変わりなく多くのご利用者が生活できているのは、職員皆のお陰だと思います。

私は、平成14年4月、華頂社会福祉専門学校へ入学し、初めて介護・福祉の世界に飛び込みました。華頂社会福祉専門学校を卒業後、平成16年4月に特別養護老人ホーム福寿荘に入職しました。現在まで介護職員、生活相談員として現場で働いてきました。
ご利用者の介護方法、関わり方は、個々により異なります。また、終末期や看取り期の選択、迎え方なども違います。16年間、現場で働き、多くのご利用者とご家族との出会いがありました。その出会いの数だけ学び、成長することができたことに感謝しています。これからは現場での学びと経験を活かし、福寿荘に貢献していきたいと思います。

今年度より「ご利用者・ご家族」、「職場環境」、「地域」の三者の満足度を実現させる、福寿荘のビジョンを作りました。この三者の満足度を実現し、三者から人が集まってくる施設づくりを実現していきたいと思います。
ビジョンにむけて今年度の目標として、①接遇の向上、②ノーリフトケアに基づく、業務・労務の改善の計画づくり、③地域への発信に取り組む、という三者の視点で取り組んでいきたいと思います。 施設長の職に就くのは初めてのため、いろいろと至らないところもございますが、今後とも皆様のご指導・ご鞭撻を頂ければ幸いと存じます。

社会福祉法人 華頂会
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)福寿荘
施設長 早瀬司

ご利用にあたって

見学をご希望の方
見学をご希望の場合は、事前にお問い合わせしていただければ自由に見学可能です。

※個人情報の取り扱いは、施設の規定に基づき取り扱わせていただきます。

申込方法

ご利用をご希望の方は、当施設所定の様式でお申し込みいただきます。ご利用の可否については、入所検討会議において決定し、のちほど連絡いたします。またお申し込みの際、介護保険被保険者証をご提示が必要となります。

サービスごとのお申し込み方法や必要書類については、各サービスページをご参照ください。

サービス紹介

お問い合わせ

077-545-2160

まずはお気軽にご連絡ください

メールでのお問い合わせはこちら

PAGE TOP